MENU

駆除残しがないように

シロアリ

徹底的にしないと意味なし

シロアリは、滅多に人前に姿を現しません。私たちが確認出来るのは、シロアリが食い散らかした木を剥ぎ取った内側を見てみた時です。それも床下や壁の内側など、普段は人目にはつきにくい場所ばかりが狙われます。それにはシロアリの生態が関わっています。彼らはまず光を嫌います。そのため、暗い場所を選んで住みます。シロアリのもうひとつの生態としては湿気が必要という点です。いくら暗くても乾燥していては彼らは生きていけません。そして3番目に、シロアリは跳躍が出来ないという点です。なんとなくのイメージで羽アリが飛んで来るように思っている人も多いかもしれませんが、それは巣を探すごく一部のものだけでほとんどは羽を持たず歩くだけです。そのうえ、暗くて湿っている場所が続いていないとそこから先には行きません。これらの条件に合致する場所は家の床下です。天井は暗くても乾燥している場合が多いのでシロアリは上がって行きません。もっとも天井まで上がって来ているとすれば、家全体が既にやられていることになります。さて、シロアリの生息場所はおおよそ分かったとしても、床下に入るのは容易ではないですし、一見してシロアリがいるかどうかは素人目には判断がつきません。そこにこそ業者に依頼する意味があるのです。彼らは長年の経験から豊富なノウハウを持っていて、シロアリの有無や被害状況を確認する事が出来ます。あとはこれを駆除すればいいだけです。シロアリがいない場所に殺虫剤をまいても意味はありません。相手を特定する作業こそ業者の腕の見せ所なのです。

Copyright© 2018 アシナガバチ駆除はプロに任せれば間違いナシ|身を守る術 All Rights Reserved.